診療案内

TOP  >  診療案内  >  白内障手術

白内障手術

Cataract

白内障とは

白内障は、眼の中にある水晶体というレンズが濁ってくる病気です。
水晶体が濁ると、くもりガラスを通して見たようにはっきり見えず、メガネをかけても視力は改善しません。
白内障の原因はたくさんありますが、最も多いのは加齢によるもので、40歳代から進行しはじめ、60歳代では80%、80歳ではほぼ100%の割合でみられます。
もちろん個人差があるため、40歳代で白内障になる方もいれば、80歳になっても症状の出ない方もいます。また、進行の度合いもさまざまで、数年かかって徐々に進行する場合や、2~3ヶ月で急速に進行する場合もあります。

白内障の症状

症状もさまざまで、かなり進行しても視力障害を感じない方もいれば、わずかな進行でもかなり見えづらくなる方もいます。
・かすんで見えづらい
・明るいところに出ると眩しい
・メガネが合わなくなった
・見え方に左右差がある

このような症状が現れたら、早めに受診して、視力低下や白内障の進行状態を知ることが大切です。

白内障の治療

白内障の進行を遅らせるため、目薬で治療を続けます。
しかし、残念ながら濁ってしまった水晶体を透明な状態に戻すことはできません。

視力の低下が進み、日常生活や仕事、車の運転などに不便を感じるようになったら、手術の時期といえます。
白内障が進行したままの状態で長期間放置すると、緑内障やぶどう膜炎など、他の病気を併発することもあります。
定期的に診察を受け、適切な治療を受けましょう。

白内障の手術

白内障の手術は、一般的には水晶体嚢の一部を取り除き、濁った水晶体を超音波で砕いて吸出し(超音波水晶体乳化吸引術)、残した水晶体嚢の中に代わりの人工レンズ(眼内レンズ)を入れるという方法で行います。
手術は局所麻酔のみで行い、手術時間は、手術の方法によっても異なりますが、15分~30分程度です。
眼内レンズは、取り除いた水晶体の代わりをするものです。水晶体がもとあった位置に挿入するため、異物感は無く、取り外しをする必要もありません。一度挿入すれば、半永久的に使用できます。 入院設備も完備していますが、原則、日帰り手術となります。遠方の方は事前にご相談ください。
白内障手術により、新たな光を得て、明るい生活ができるようお手伝いさせていただきます。