病院紹介 病院概要 診療案内 診療内容 アクセスマップ 関連施設 眼の病気
眼の病気
眼の病気 一覧に戻る
小児眼科

近視
近視とは
近視は屈折異常の一種で、遠方から目に入ってきた光(平行光線)が網膜より前方に焦点を結んでしまう状態です。
遠くのものを見たときは網膜に焦点が合わないのでぼんやりしていますが、近くのものを見たときは焦点を合わせることができます。
眼球の長さが伸びてしまうために起こる近視(軸性近視)と、角膜や水晶体の屈折力が強すぎるために起こる近視(屈折性近視)があり、凹レンズで矯正します。
近視の原因
・遺伝的な要因
親が近視の場合、子どもが近視になる可能性が比較的高く、遺伝的な要因があるといわれています。

・環境的な要因
勉強、読書、テレビ、ゲームといった近くを見る作業を長く続けているという環境も、近視に影響すると考えられています。

・病的な要因
乳幼児期のさまざまな目の病気により、発症後から進行する近視(病的近視)です。網膜剥離などの危険性が高くなります。
成長とともに近視になる子どもが多い理由
目の長さは成長に伴って伸びていきます。角膜や水晶体の屈折力も、眼軸の長さが伸びるとともに網膜に焦点が合うように、全体のバランスが調整されます。しかし、これらのバランスが崩れると近視になると考えられています。
偽近視
俗に「仮性近視」と呼ばれるもので、何らかの原因で目の中の筋肉の働き(調節)が過度に働いたままの状態になっている状態です。正視、遠視、近視のいずれでも起こる可能性がありますが、正視の人は近視に、近視の人はより強い近視に、遠視の人では遠視が弱くなりますが、いずれも見かけ上のものです。調節を一時的に休ませる目薬を点眼し、度数の変動をみることで診断します。
保護者の方へ
「メガネはかけさせたくない」「メガネをかけると近視が進んでしまうのではないか」などと思われている方もありますが、見えづらいまま生活させることのほうが、子どもの目の負担は大きくなります。
眼科での定期的な検査と診断を受け、適切な時期に適切なメガネを使用することが重要です。

遠視
遠視とは
遠視は屈折異常の一種で、遠方から目に入ってきた光(平行光線)が網膜より後方に焦点を結んでしまう状態です。
遠くや近くのものを見たときは、目の中の筋肉を働き(調節)によって焦点を合わせることができますが、常に目の中の筋肉を働かせないとはっきり見えないため疲れやすかったり、遠視が強すぎる場合は遠くにも近くにも焦点を合わせることができません。
眼球の長さが短いために起こる遠視(軸性遠視)と、角膜や水晶体の屈折力が弱ぎるために起こる遠視(屈折性遠視)があり、凸レンズで矯正します。
遠視だと困ること
子どもは調節力が強いため、視力低下などの症状が現れないことも多くありますが、次のような症状が現れることもあります。
・疲れやすい・飽きっぽい
常に目の調節を必要とするため疲れやすく、長時間の集中ができない。
・内斜視
遠視の程度によっては、はっきり見るために調節をすると目が内側に寄り、内斜視の原因になる。
・弱視
遠視が強すぎると、調節力だけでは焦点が合わずはっきり見えないため、視力の発育が止まって弱視になることもある。
遠視とメガネ
学校の検診では良い視力結果が得られるので、目には問題がないと思っている人が多いようです。
しかし、常にピント合わせの調節のために強い努力を持続しなければならないので、目が疲れやすく飽きっぽい傾向があります。
遠視のメガネには視力を矯正するだけでなく、目の筋肉の緊張をほぐして楽にものを見るという役目もあります。
保護者の方へ
「メガネはかけさせたくない」「調節して見えるならメガネはいらないのでは」などと思われている方もありますが、見えづらいまま生活させることのほうが、子どもの目の負担は大きくなります。
眼科での定期的な検査と診断を受け、適切な時期に適切なメガネを使用することが重要です。

乱視
乱視とは
乱視は屈折異常の一種で、遠方から目に入ってきた光(平行光線)が縦方向と横方向で焦点の合う距離が異なる状態です。
近視や遠視とは違い、遠くも近くも見えにくく目が疲れるので、”本を読まない、飽きやすい”などの様子がみられます。
乱視の原因
光を屈折させる角膜と水晶体の歪みによって、目の縦方向と横方向の屈折の量が変わってきます。
眼球が均一な球体であれば乱視は生じませんが、正常な目でもわずかな歪みがあり、屈折の量が光の入ってくる方向によって均一でなくなるため乱視が生じます。
多くの乱視は近視や遠視と同様にメガネで矯正することが可能ですが、角膜の病気などが原因で起こった乱視(角膜不正乱視)はメガネで矯正することが困難です。
乱視とメガネ
弱い乱視があっても全く問題にはなりませんが、中等度以上の乱視があると、個人差がありますが視力低下や眼精疲労の原因になります。
また、近視や遠視と違って網膜のどこにも焦点が合わないため、視機能の正常な発達の妨げになることもありますので、乱視が強い場合は適切なメガネでの矯正が必要です。
保護者の方へ
「メガネはかけさせたくない」「メガネをかけると視力が低下してしまうのではないか」などと思われている方もありますが、見えづらいまま生活させることのほうが、子どもの目の負担は大きくなります。
眼科での定期的な検査と診断を受け、適切な時期に適切なメガネを使用することが重要です。

斜視
斜視とは
斜視とは、物を見ようとする時に、両眼の視線が正しく見る目標に向かわないものをいいます。外見上は、片方の目が正しい方向を向いているのに、他の目が内側や外側、あるいは上下に向いている状態です。子どもの約2%にみられ、小児眼科の代表的な病気です。
斜視の原因
斜視の原因として、次のようなものがあります。
・遠視
 遠視では、はっきり見るため常にピント調節を行うことになり、同時に目が内側によってしまって斜視(調節性内斜視)になる場合があります。
・目の筋肉や神経などの異常
 目を動かす筋肉や神経に異常があると、目の位置がずれて斜視になります。
・視力不良
 片目の近視や遠視が強すぎたり、目のケガや病気で片目の視力が悪くなると両眼視ができず、視力の悪い目が斜視(外斜視)になる場合があります。
・両眼視の異常
 遺伝や脳の一部の異常が原因で両眼視がうまくできない場合、それぞれの目の視線がずれて斜視になります。

ほとんどは、遠視や目を動かす筋肉や神経の異常によるものですが、いずれの場合も、視力検査を含めて定期的な経過観察が必要です。
斜視の種類
斜視は目の位置によって、内斜視、外斜視、上斜視、下斜視に分けられます。
右目を正常な位置とした斜視の種類
内斜視 左目が内側を向いている
外斜視 左目が外側を向いている
上斜視 左目が上方を向いている
下斜視 左目が下方を向いている

ぼんやりしていると現れ、しっかり物を見ていると消失するケースもあります。
常に斜視になっているものを恒常性斜視、ときどき斜視になるものを間歇性斜視といいます。
偽斜視とは
赤ちゃんは鼻が低くて広く、両方の目の間が広いことに加え、内側の白目が見えないことがあり、内斜視のようにみえることがあります。これを偽斜視といいます。これは見かけ上のものであり、成長に伴って顔立ちがはっきりしてくると治りますが、本当の斜視は治療しなければ治りません。斜視の疑いがある場合は、専門医の診察を受けてください。
保護者の方へ
ご家族は子どもの一番よき観察者です。また、小さい子どもは見えない世界にすぐ順応できてしまうこともあり、見えないという症状を自分から訴えることはあまりありません。
なにか気になる症状があれば、必ず眼科を受診してください。

弱視
弱視とは
弱視とは、眼鏡をかけても視力が上がらない状態のことをいいます。
視力は生後間もなくから急速に発育し、生まれたばかりの時の視力は0.01程度、1歳には0.1前後、その後ゆるやかに発育し4〜5歳で1.0となります。しかし乳幼児の視力の発育段階で、なんらかの理由により網膜にはっきりと像が写らなかった場合、無意識のうちにその目を使わなくり、視力の発育が止まって弱視になってしまいます。
弱視の原因
弱視はものをはっきり見ることができないことで起こりますが、原因としては以下のようなものがあります。

・斜視
 斜視があると両眼視ができないため、ものが二重に見えます。脳の混乱を避けるため、斜視になっている片方の目を使わないようになり、使わない方の目が弱視(斜視弱視)になる場合があります。

・強い遠視
 強い遠視があると、近くを見るときも遠くを見るときもはっきりと見えないため、視力が発達せず弱視(屈折性弱視)になる場合があります。

・その他
 生まれつき白内障などの目の病気がある場合、あるいは乳幼児期に眼帯を長い間使用した場合、ものを見る訓練ができず弱視になる場合があります
弱視は早期に発見を
目の発育に最も大切な幼児期に、ご家族のちょっとした注意で弱視が見つかることもあります。
・テレビを前の方で見る
・目を細める
・いつも頭を傾けてものを見る
・片方の目を隠すと嫌がる
など見にくそうにしている場合には注意が必要です。
また、片目がよく見える場合は弱視に気付かないこともあります。
少しでも異常に気がついたときは必ず眼科を受診しましょう。
保護者の方へ
弱視はご家族が注意していても分からないことがあります。特に片方の目だけが弱視の場合、気付かないことが多いようです。
弱視を早期発見して治療することが、斜視の予防にもなりますので、3歳児検診の視力検査などを必ず受けるようにしてください。

心因性視力障害
心因性視力障害とは
目の心身症のひとつですが、なかでも最も頻度が高い症状は視力の低下で、心因性視力障害とよばれています。
心因性視力障害の場合、近視や遠視や乱視を矯正するメガネをかけても、メガネでは視力がでません。
検査しても眼球自体には悪い所がない、このような視力障害は小学生から中学生の女子に多くみられます。
0.4〜0.6などの比較的軽い視力障害を示すことが多く、学校の定期健康診断でみつかることがあります。
心因性視力障害の原因
原因はさまざまですが、学校や家庭で心の悩みを抱えている場合が多く、このストレスが視力障害の原因と考えられています。
また、友人や尊敬する先生、両親などがメガネをかけていて、メガネに憧れることがあります。このメガネ願望では裸眼では視力が悪く、度のないメガネでは1.0まで見えるものもあります。
そのほか、試験になると答案が見えない、苦手な授業になると黒板の字が読めないなど、時と場所によって見えないこともあります。
保護者の方へ
必要以上に心配しすぎるのも逆効果です。適度な関心をもって暖かく見守りながら接していきましょう。心因性視力障害の子ども、はしっかりしていると評価されているものの、どこか満たされない淋しさを感じていることが少なくありません。メガネ願望についても自分に注意を引きたいというサインであることが多いようです。

逆さ睫毛
逆さ睫毛とは
睫毛内反とも呼ばれ、まぶたの縁が内側に向いているために睫毛が眼球に向いている状態で、乳幼児に多くみられます。
乳幼児の顔は大人に比べて凹凸が少なく、まぶたの皮膚がまつ毛のほうに覆いかぶさるため、特に下まぶたの鼻側でよく起こります。
症状と経過
睫毛が角膜や結膜に触れて刺激するため、目の充血や涙目、目やになどの症状が起こりますが、多くは成長とともに自然に治ります。
視力がすぐに問題になることはありませんが、逆さ睫毛によって傷ついた角膜や結膜が角膜炎や結膜炎になるとなると、視力が低下することがあります。

涙嚢炎
新生児涙嚢炎とは
涙嚢(るいのう)と呼ばれる涙の排出経路が細菌感染などによって炎症を起こし、膿が溜まってひどい目やにが出ます。
乳児の場合、涙の排出経路の構造的な問題が原因で起こることがよくあります。
特に、排出経路が生まれつき塞がってしまう先天性鼻涙管閉塞症では、涙がうまく流れないために細菌感染や炎症を起こしやすく、常に涙っぽくひどい目やにが出ます。これを新生児涙嚢炎と呼びます。
新生児涙嚢炎の症状と診断
多くの場合、生まれて間もなくから目やにが多く、いつも涙っぽいような状態が続きます。
このような場合、涙の排出経路に生理食塩水を注入し、鼻の奥に通過することを確認しますが、生理食塩水が逆流する場合は鼻涙管閉塞症であると診断され、さらに逆流の中に膿が多い場合は、涙嚢炎も合併していると診断されます。
新生児涙嚢炎の治療
涙の排出経路への生理食塩水の注入を頻回に繰り返し、必要であれば抗生物質の点眼と涙嚢マッサージで治療します。
月齢にもよりますが、治療後も目やにが続くようであれば排出経路の開放術などを行います。

上へ戻る



眼の病気 一覧に戻る
目の疲れ・老眼

ドライアイ
ドライアイとは
ドライアイとは、涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって目の表面に障害が生じる状態で、約1000万人ものドライアイの患者さんがいるといわれています。
涙には、悲しいときなどに出る「反射性の涙」と、常に微量分泌されている「基礎的な涙」の二つの種類がありますが、この基礎的な涙の量が足りないと乾いて傷つきやすくなり、重症になると目の表面に無数の傷がつく場合もあります。
また、何らかの理由でまばたきの回数が少なくなっていると、涙が十分に出ていてもドライアイになってしまうことがあります。
ドライアイの原因や誘引
健康な人で涙の分泌が十分でも、さまざまな原因によってドライアイの危険性が高くなります。
・パソコンなどの過度なVDT作業
・乾燥した空気、部屋
・コンタクトレンズの長時間使用
・不完全なまばたき
・長時間の運転や疲労、ストレスなど
・加齢による涙の分泌量や質が低下
・膠原病、シェーグレン症候群などの全身の病気
・血圧を下げる薬や精神疾患に用いられる薬などの影響
ドライアイの症状
ドライアイの症状は、同じ程度でも感じ方は人によってさまざまです。
目の乾燥感が主な症状ですが、異物感や目の疲れ、まぶしさなど症状の他に、乾燥によって眼の表面が障害を受けて痛みや充血が現れることもあり、その症状が刺激となって反射性の涙の分泌が増えてくることもあります。
ただの疲れ目だと思っていたらドライアイだったという場合や、夕方になると充血がひどくなる、冷房や暖房により空気が乾燥して季節的に症状が出る、という方もいます。
コンタクトレンズとドライアイ
涙の量が正常であれば、コンタクトレンズは涙の中に浮いて滑らかに動くことができますが、涙の量が減少してしまうと目とコンタクトレンズが直接擦れあったり、動くことができずに張り付いてしまうこともあります。
コンタクトレンズが張り付いてしまうと涙が上手に循環することができず、目の表面の細胞に酸素や栄養を運ぶことができません。
また、コンタクトレンズを使用することで涙の蒸発量が増加したり、目の表面の知覚が鈍くなるために涙の量や質が変化したりと、コンタクトレンズそのものがドライアイの原因になることもあります。
ドライアイの人はコンタクトレンズの使用は避けたほうが無難ですが、コンタクトレンズの装用時間を短くする、人工涙液の目薬でケアするなど、十分な注意の上で使用することも可能です。
まずは眼科受診を
異物感や目の疲れを感じたら、ドライアイが原因かもしれません。
特に近年では、パソコンの普及やコンピュータ作業の長時間化、コンタクトレンズの装用者の増加などにともなって、ドライアイの患者さんは著しく増加しています。
軽い症状はやがておさまることもありますが、目の表面に深い傷がついたり、傷に細菌が感染して重大な眼病に至ることもあります。
症状が長引くようであれば、眼科を受診して適切な治療を受けることをお勧めします。

VDT
VDT症候群とは
VDTとは、ビジュアル・ディスプレー・ターミナルの略で、VDT症候群とはコンピューターやテレビ画面、携帯電話などのディスプレーを長時間見続けることで発症する疲れ目や身体の不調のことで、別名テクノストレス眼症とも呼ばれています。
近年、パソコンなどの急速な普及によって、職場でも家庭でもVDT作業を行う機会が増えたため、疲れ目などの目の不調を感じる人が増えています。また、長時間同じ姿勢を続けるので、首や肩などの痛みがでてきます。
VDT症候群の症状
かすみ目や目の疲れ、ドライアイなどの目の症状だけでなく、頭痛や肩こり、倦怠感、めまいや吐き気などの全身症状のほか、慢性的になるとイライラや不安感、労働意欲の低下など精神面にまで影響を及ぼしてしまいます。
VDT症候群の原因
VDT症候群の要因は様々であり、いくつかの要因が絡むことがあります。

・ドライアイや瞬きの減少
疲れ目の要因として特に多いのはドライアイです。
長時間集中して画面を見ているとまばたきの回数が減り、目が乾燥することで非常に疲れやすくなるうえ、画面の位置によっては涙の蒸発率が増加してしまいます。
また、画面からは常に光が出ていて、書類などの印刷物に比べて目に大きな負担がかかります。

・近視や遠視、乱視などの屈折異常
遠方から目に入った光が、網膜上にピントが正しく合わない状態が、近視や遠視、乱視などの「屈折異常」です。
屈折異常があると、VDT作業のときに働く目の中の筋肉の働きだけではピントが合わず、目が疲れやすくなります。
特に遠視や乱視がある場合は、原因になることが多くあります。

・メガネやコンタクトレンズの調整不良
視力が正しく矯正されていないと、目に大きな負担をかけることになります。
また、度が合っていてもメガネやコンタクトレンズのフィッティング不良は、疲れ目の原因にもなります。
「眼鏡やコンタクトレンズをしていても目が疲れる」という方は、目に正しく合っているかどうか確認をお勧めします。
VDT作業時のポイント
・VDT画面は照明が反射しないように設置し、適度な距離を保ちましょう。画面を目の高さよりも少し下に設置すると、視線が下に向うために眼球と空気が接する面積が少なくなり、乾燥を防いでくれます。
・1時間ごとに10分程度の休憩をとり、遠くの景色を眺めるなどして目を休めましょう。
・メガネやコンタクトレンズなどは、度の合ったものを使いましょう。
・空調から出る風が直接からだに当らないようにしましょう。
・ドライアイや緑内障の場合、過度なVDT作業で病気が悪化する危険性がありますので、十分注意しましょう。
・異常を感じたら、早目に眼科専門の診察を受けましょう。

眼精疲労
眼精疲労とは
目の疲れや充血、痛みなどの目の症状に加え、肩こりや頭痛、吐き気などの全身の症状があわせて出現します。
さまざまな原因によって起こるため、その原因を特定して排除することが必要です。
眼精疲労とVDT症候群
VDTとは、ビジュアル・ディスプレー・ターミナルの略で、VDT症候群とはコンピューターやテレビ画面、携帯電話などのディスプレーを長時間見続けることで発症する疲れ目や身体の不調のことで、別名テクノストレス眼症とも呼ばれています。
近年、パソコンなどの急速な普及によって、職場でも家庭でもVDT作業を行う機会が増えたため、疲れ目などの目の不調を感じる人が増えています。また、長時間同じ姿勢を続けるので、首や肩などの痛みがでてきます。
眼精疲労とドライアイ
ドライアイとは、涙の分泌量が減ったり、量は十分でも涙の質が低下することによって目の表面に障害が生じる状態で、約1000万人ものドライアイの患者さんがいるといわれています。
眼が疲れやすい、何となく眼に不快感を感じるなどの原因として最近注目されているのがドライアイです。
目の疲れや違和感などを感じたら、ドライアイが原因かもしれません。
軽い症状はやがておさまることもありますが、目の表面に深い傷がついたり、傷に細菌が感染して重大な眼病に至ることもあります。
症状が長引くようであれば、眼科を受診して適切な治療を受けることをお勧めします。
眼精疲労と老眼
老眼は誰にでもみられる目の老化で、ピント合わせの機能が低下することによって、さまざまな症状が現れます。
一般的に老眼と呼ばれ、40歳前後から自覚されることが多いですが、実際には20歳前後から機能の低下が始まっており、日常生活で手元の字が見えにくく感じるのがこの年齢になります。
手元の見えにくさを改善しようと目は大変な努力を必要とするため、目がとても疲れやすく全身の症状を伴うこともあります。

老視
老視とは
老眼は誰にでもみられる目の老化で、ピント合わせの機能が低下することによってさまざまな症状が現れます。
一般的に老眼と呼ばれ、40歳前後から自覚されることが多いですが、実際には20歳前後から機能の低下が始まっており、日常生活で手元の字が見えにくく感じるのがこの年齢になります。
老視の原因
手元の字を見るときは、目の中の「毛様体」という部分の筋肉が収縮し、水晶体を膨らませることでピント合わせ(調節)を行っています。若い頃はピントを合わせる力(調節力)が十分にありますが、年齢とともに水晶体の弾力性が低下して調節力が低下します。
一般に、近視の人は老眼になるのが遅く、遠視の人は老眼になるのがはやいといわれていますが、近視の人は近くのものにピントが合っているために、老眼を自覚しにくいというだけで、逆に遠視のように遠くのものがよく見えている人は、早い時期から老眼を自覚することが多いと言えます。
老視の症状
本や新聞の字がかすんで見えにくい、ぼやけて見える、距離を離すと見やすくなる、などの症状がみられますが。
さらに、見えにくいことを我慢して無理をしていると、肩こりや頭痛、吐き気などが出現することもあります。
『ただの疲れ目』と軽く考えず、なるべく早く診察を受けましょう。
症状が長引くようであれば、眼科を受診して適切な治療を受けることをお勧めします。
老視の矯正
矯正は老眼鏡で行います。“老眼鏡”と言うとイメージが悪く、「まだそんな年齢じゃない」と考える方もいらっしゃいますが、適切な眼鏡を使用することで、不快な老眼の症状を改善することができます。
また、老眼鏡を早期に使用したからといって、老眼の進行が早まることはありません。ご自分の生活と年齢に応じた、快適な眼鏡の使用をお勧めします。

上へ戻る



眼の病気 一覧に戻る
コンタクトレンズと目のトラブル

乾燥や角膜のキズ
 
 
 
 
 
 

酸素不足
 コンタクトレンズと酸素
角膜には血管がないため、栄養分は内側から、酸素は空気から取り込んでいます。
コンタクトレンズを装用すると角膜にフタをした状態になり、空気から酸素を取り込む量が極端に少なくなります。
角膜の極端な酸素不足が長時間続くと、様々な眼障害が現れることがあります。
 角膜上皮障害
酸素不足や乾燥、長時間の装用など、さまざまな原因によって角膜の上皮が剥がれたり傷がついた状態で、
放置すると細菌感染などにより病状がすすみ、視力に影響を残すことがあります。
コンタクトレンズによる眼障害のなかで最も多くみられます。
 角膜新生血管
角膜は光を通すために透明な組織で、もともとは血管が存在しません。
しかし、コンタクトレンズを装用して角膜が酸素不足になると、酸素を取り込もうとして角膜の周囲から血管が
侵入してきます。
痛みがないため自覚することはありませんが、中度以上の場合は治療しても完全に血管が消えず、
以後も残る場合があります。
 角膜内皮細胞
 角膜の一番内側に角膜内皮細胞と呼ばれる細胞があり、角膜の透明性を維持する上でとても大切な働きをしていますが、コンタクトレンズの装用により酸素不足が長期間続くと、細胞の大きさや形が変化し、機能的に障害がでることもあります。
角膜上皮細胞と異なり再生することはなく、重症になるまで全く症状が現れないため、角膜が白く濁って視力低下にいたることもあります。

アレルギー
 コンタクトレンズとアレルギー
コンタクトレンズに付着した汚れやコンタクトレンズによる刺激、消毒液などのケア用品が原因で、まぶたの裏側にアレルギー反応を起こします。
本来滑らかなはずの まぶたの裏側の結膜にブツブツが生じ、様々な症状として現れます。
 アレルギーの症状
眼のかゆみや目やに、充血のほか、コンタクトレンズを装用するとゴロゴロする、上方にズレる、分泌物でレンズが汚れやすいなどの症状が現れます。
もともとアレルギー体質の方がコンタクトレンズを装用すると、刺激によって症状がさらに強くなることもあります。
 巨大乳頭結膜炎(GPC)
まぶたの裏側のアレルギーを治療せずコンタクトレンズの装用を無理に続けると、大きなこぶ状の隆起(乳頭)
になります。
GPCになるとコンタクトレンズの装用が困難となりますので、調子が悪いときは早めにお近くの眼科医の診察を
うけましょう。

レンズの汚れや破損
 コンタクトレンズの汚れ
・たんぱく質の汚れ
 タンパク質は空気にふれて酸化したり、乾燥によって固着したり、紫外線や体温の影響で「変性タンパク質」に  変化します。この変性タンパク質はレンズの曇りの原因になったり、アレルギー性結膜炎を引き起こす原因に
 なることもあります。

・脂質の汚れ
 分泌物に含まれる脂質や化粧品などの油分が、レンズの表面に薄い膜を張るような状態で付着します。
 コンタクトレンズに付着した脂質は、視界のくもりや装用感の悪化などの原因になります。

・カルシウムの汚れ

 涙の中の塩分に含まれる成分で、他の汚れと混じってコンタクトレンズに付着します。
 ソフトコンタクトレンズに固着するときれいに落とすことは難しく、装用感の悪化などの原因になります。

・外部からくる汚れ
 化粧品やほこり、レンズに触れる指先に付いている汚れなどがあります。
 また、カビや細菌などの雑菌により、眼に重篤な影響を与えるものもあります。
 コンタクトレンズの破損 (亀裂や欠損)
 ・ハードコンタクト
 材質的に低温下での衝撃に弱く、保存ケースに収納する際にケースの縁にレンズを当てると破損することが
 あります。

・ソフトコンタクト
 ケースの蓋を閉める際にレンズをはさんだり、取り扱いの際に爪で傷つけることがあります。
 また、折れ曲がったコンタクトを無理に剥がそうとして破損することもあり、取り扱いに注意が必要です。
 
 

上へ戻る




眼の病気 一覧に戻る 上へ戻る

Copyright (C) SHIWA EYE CLINIC. All rights reserved.