病院紹介 病院概要 診療案内 診療内容 アクセスマップ 関連施設 眼の病気
眼の病気
眼の病気 一覧に戻る
白内障・緑内障

白内障
白内障とは
白内障とは、眼の中にある水晶体というレンズが濁ってくる病気です。
水晶体が濁るとくもりガラスを通して見たようにはっきり見えず、メガネをかけても視力は改善しません。
白内障の原因はたくさんありますが最も多いのは加齢によるもので、40歳代から進行しはじめ60歳代では80%、80歳ではほぼ100%の割合でみられます。
もちろん個人差があるため40歳代で白内障になる方もいれば、80歳になっても症状の出ない方もいます。
また、進行の度合いもさまざまで、数年かかって徐々に進行する場合や2〜3ヶ月で急速に進行する場合もあります。
白内障の症状
症状もさまざまで、かなり進行しても視力障害を感じない方もいれば、わずかな進行でもかなり見えづらくなる方もいます。
・かすんで見えづらい
・明るいところに出ると眩しい
・メガネが合わなくなった
・見え方に左右差がある
このような症状が現れたら、早めに受診して、視力低下や白内障の進行状態を知ることが大切です。
白内障の治療
白内障の進行を遅らせるため、目薬で治療を続けます。
しかし、残念ながら濁ってしまった水晶体を透明な状態に戻すことはできません。
視力の低下が進み、日常生活や仕事、車の運転などに不便を感じるようになったら、手術の時期といえます。
白内障が進行したままの状態で長期間放置すると、緑内障やブドウ膜炎など。他の病気を併発することもあります。
定期的に診察を受け、適切な治療を受けましょう。
白内障の手術
白内障の手術は、一般的には水晶体嚢の一部を取り除き、濁った水晶体を超音波で砕いて吸出し(超音波水晶体乳化吸引術)、残した水晶体嚢の中に代わりの人口レンズ(眼内レンズ)を入れるという方法で行います。
手術は局所麻酔のみで行い、手術時間は、手術の方法によっても異なりますが、15分〜30分程度です。
眼内レンズは、取り除いた水晶体の代わりをするものです。
水晶体がもとあった位置に挿入するため異物感は無く、取り外しをする必要もありません。
一度挿入すれば、半永久的に使用できます。
入院設備も完備していますが、特殊な場合を除いて『日帰り手術か、入院手術か』をご希望に応じて選択できます。
白内障手術により、新たな光を得て、明るい生活ができるようお手伝いさせていただきます。

緑内障
緑内障とは
目に来ている視神が弱ってきて、視野(見える範囲)が徐々に狭くなり、放置するとやがては真っ暗になって失明する病気です。
かなり進行するまでは自分で気づかないため、検査をしない限り発見されません。
近年、会社や市町村の健康診断などの眼底検査で視神経乳頭陥凹や視神経線維束欠損を指摘され、早期発見されることがよくあります。
緑内障にも種類がありますが、従来は眼圧(眼球の硬さ)が高いことによって視神経が障害されるとされていました。
しかしそれだけの理由ではなく、日本人では眼圧が 21 mm Hg 未満の正常眼圧緑内障が多いことや、年齢と共に有病率が上がることなどがわかってきました。
ぶどう膜炎や糖尿病など、他の病気に伴って起こる緑内障もあり、わが国の失明原因の上位を占めます。
早期発見と、定期的な眼圧検査、視野検査、眼底検査、点眼を忘れないことが大事です。
緑内障の症状
初期には無自覚無症状で、かなり進行してから視野狭窄や視力低下を自覚してきます。
一度狭くなった視野は元に戻りません。
緑内障の治療
視野狭窄が進行しないように、眼圧を下げたり、循環を良くしたり、神経を保護したりする点眼治療が中心となります。
複数の薬を使っても眼圧が下がらずに視野狭窄が進行する場合には、レーザー治療や手術も行われます。
緑内障発作
急激に眼圧が上昇し、軽度の散瞳(瞳が大きくなること)、充血、視力低下、眼痛、頭痛、吐き気、嘔吐などを起こす状態を緑内障発作といいます。
頻度は少ないですが、頭痛や嘔吐などが目立つため、目の病気と気づかれずに、脳外科や消化器内科を受診してしまうことがあります。
早急な眼科的治療、眼圧下降治療が必要です。
視神経乳頭陥凹(かんおう)
目に来ている視神(視神経)が眼球に入ってくる部分(視神経乳頭)には、誰にでもくぼんだ範囲があります(生理的視神経乳頭陥凹)。
その大きさは人により様々ですが、直径の 70〜80 %より大きい場合には緑内障の疑いとして指摘されることが多いようです。

上へ戻る

眼の病気 一覧に戻る
網膜の病気

糖尿病網膜症
糖尿病網膜症とは
糖尿病に合併する眼底病変で、高血糖を放置して 5〜7 年以上経つと、毛細血管と呼ばれる最も細い血管に毛細血管瘤とよばれる小さな瘤ができ、毛細血管が詰まったり、出血や浮腫(むくみ)が起こり始めます(単純型網膜症)。
血管の閉塞が広範囲になると(前増殖型網膜症)、眼底組織の酸素欠乏が起こります。
そのため、新しく血管を作ろうとする生体の反応が起こり、血管が閉塞してなくなってしまった場所に網膜新生血管が発生してきます(増殖型網膜症)。
一見合目的と思われるこの反応には、実は問題があります。新生血管は本来の血管より幼弱なため、浮腫や大出血を起こしやすいからです。
一般に糖尿病網膜症は数年をかけて徐々に進行するのため、失明寸前まで気づかないことがよくあります。
重症例では血管新生緑内障と言われる難治性の緑内障も併発します。
ある程度以上に進行した網膜症では、低血糖発作で一瞬にして大量出血を起こしたり、血糖の状態がよくても進行することがあります。
何よりも血糖の管理と、定期的な眼底検査が重要です。
糖尿病網膜症の症状
徐々に視力が低下してきます。眼内に出血すると、飛蚊症を自覚したり、大量に出血すると突然見えなくなります。
糖尿病網膜症の治療
内服治療などをしますが、増殖型の進行例ではレーザー治療が必要です。
前増殖型や、単純型でも黄斑症を発症した場合、レーザー治療を行うことがあります。
糖尿病の眼障害
糖尿病の眼障害としては、網膜症、黄斑症、視神経症、緑内障、虹彩炎、角膜症、白内障、屈折調節異常、眼筋麻痺などがあり、わが国の失明原因の上位を占めます。

ぶどう膜炎
ぶどう膜炎とは
眼球内のぶどう膜(虹彩、毛様体、脈絡膜の総称)と呼ばれる組織に炎症が起きる病気です。
原田病、ベーチェット病、サルコイドーシス、糖尿病、リウマチや膠原病などの免疫異常によるものなど、全身疾患と合併するものもありますが、原因不明のものも数多くあります。
点眼薬ですぐ治まってしまう軽症なものや、入院治療が必要なもの、何回も強い炎症発作を繰り返し失明に至る重症な場合もあり、程度は様々です。
ぶどう膜炎の症状
霧視(ぼやけて見える)、視力低下、充血、眼痛、羞明(眩しく感じる)など
ぶどう膜炎の治療
原因疾患の治療、点眼、内服、点滴治療など。

網膜剥離
網膜剥離とは
人によって網膜の周辺部に弱い部分(網膜周辺部変性)があり、穴や裂け目(網膜円孔・裂孔)になることがあります。
そこから網膜が剥がれてゆく疾患が裂孔原性網膜剥離です。
気づかないうちに進行する場合もあり、いったん黄斑部まで網膜剥離が進行して視力が低下すると、後遺症が強く残ります。
早期発見と治療が必要で、以前に網膜剥離を起こしたことがある方や、網膜周辺部変性の指摘を受けた方、強度近視の方は定期検査が必要です。
網膜剥離の症状
飛蚊症が前ぶれになることがよくあります。
多くは下の方の視野から少しずつ暗くなり、次第に真ん中まで剥離が進行すると極端に視力が低下し見えなくなります。
裂孔が起こる時に網膜の血管が切れた場合には、眼内に出血(硝子体出血)を起こして急激に見えなくなることもあります。
網膜剥離の治療
初期の裂孔原性網膜剥離の場合には、レーザー治療で拡大を防止できる可能性がありますが、ある程度以上に進行している場合には入院手術が必要です。

網膜静脈閉塞
網膜静脈閉塞とは
高血圧や動脈硬化などの全身疾患に伴うことが多く、眼底出血を起こす代表的な疾患です。
眼底の薄い組織の中を動脈と静脈が走っているため、所々で動脈が静脈の上を交差しています。
動脈の壁が硬くなると、静脈の壁は薄くて柔らかいため交差する場所で押しつぶされ、内腔が狭くなり血栓ができやすくなります。
血栓ができると血液が流れが止められてしまい、帰れなくなった血液の圧力が高くなり、静脈が破裂して出血を起こします。
閉塞部位により網膜中心静脈閉塞と網膜静脈分枝閉塞に分けられますが、80 % 以上は後者です。
網膜静脈閉塞の症状
視力低下、視野欠損など。黄斑部に出血や浮腫が及ばない場合は無自覚。
網膜静脈閉塞の治療
内服、注射、点滴などの薬物療法やレーザー治療などが行われます。
ある程度以上の血管閉塞範囲がある場合には、たとえ出血や浮腫がなくなって視力が良くても、何ヶ月から何年も経過してから硝子体出血や続発緑内障、網膜剥離を起こす可能性が高いので、時期を見て適切にレーザー治療を行ないます。
眼底の中心である黄斑部に出血や浮腫が強く、視力低下が強い時には、早めにレーザー治療を行います。

網膜前膜
網膜前膜とは
網膜の表面が厚くなったり薄い膜様物ができ、それが縮むことにより眼底にシワがよってきます。
眼底疾患の手術を受けたことのある人や、別の眼底疾患がある時には起こりやすくなります。
網膜前膜の症状
物がゆがんでみえたり、視力が悪くなったりします。
網膜前膜の治療
症状が進行した場合には、手術が行われます。

加齢黄斑変性
加齢黄斑変性とは
以前は欧米諸国に多くわが国では少ない疾患でしたが、近年になって増えている難病で、緑内障、糖尿病網膜症とともに失明原因の上位となり、社会問題になっている難病です。
50歳以上、60〜70歳台に多くみられ、網膜の深層にある脈絡膜から新生血管が発生することによって起こる疾患です。
中心性漿液性網脈絡膜症のように、黄斑部に浸出性網膜剥離を起こしますが、出血を伴うことが多く、進行すると強い増殖性変化を起こし、視力に大きな後遺障害を残します。
見え方が少しでもおかしいと気がついた時には、すぐに眼底検査をして早期発見、早期治療をすることが重要です。
1〜2 割の人では両眼性に起こるため、反対眼の検査も必要です。
近年では、ポリープ状脈絡膜血管症や網膜血管腫様増殖などの類縁疾患があることがわかってきています。
加齢黄斑変性の症状
突然の出血による視力低下で気がつくこともありますが、通常はわずかな変視症、中心暗点、視力低下が生じてから、徐々にそれらが悪化してきます。
加齢黄斑変性の治療
薬物治療、レーザー治療、ルセンティス療法などが行われます。
病変が進行してしまうと、治療しても視力改善は困難になります。
ルセンティス療法について
滲出型の加齢性黄斑変性症に対しルセンティスという薬剤を直接眼内に注入することで、加齢黄斑変性の原因である新生血管の増殖や成長を抑えることが可能な治療法です。

中心性漿液性網脈絡膜炎
中心性漿液性網脈絡膜症とは
40 歳代の男性に多いとされ、黄斑部と呼ばれる眼底の中心部にむくみ(漿液の漏れ)が起こるために発症します。
網膜色素上皮と呼ばれる細胞の機能障害や、深層の脈絡膜血管の循環の異常、薬の副作用によるものなど、複数の原因によって起こることが知られています。
経過が長引いたり再発を繰り返すこともあり、定期検査が必要です。
中心性漿液性網脈絡膜症の症状
見ようとする中心の部分が歪んで見えたり、暗く見えたりします。
中心性漿液性網脈絡膜症の治療
内服薬などで治ることが多いですが、数ヶ月も続く場合や、再発を繰り返す場合などではレーザー治療も行われます。

上へ戻る




眼の病気 一覧に戻る 上へ戻る

Copyright (C) SHIWA EYE CLINIC. All rights reserved.