医療法人 志和眼科
病院紹介 病院概要 診療案内 診療内容 アクセスマップ 関連施設 眼の病気
診療内容
診療案内 一覧に戻る
  小さな子供は大人とは違い、眼の異常を訴えることが少ないため、異常に気付かないまま重大な病気を見逃してしまうことがあります。
子供の眼の病気は、いかに早く発見できるかが重要です。
当院では、視機能の発達にとって最も大切な時期である、新生児から学童期までの小児疾患の専門的な医療を行っています。
お子様の大切な眼がすこやかに成長できるよう、小児眼科専門の医師が十分時間をかけて、丁寧に対応・診察します。
 

 生まれたばかりの赤ちゃんは、周りのものがぼんやりとしか見えませんが、3歳までに視力は急速に発達し、約0.6から0.9の視力になります。
視力が発達する時期に何らかの理由で『物をはっきり見る』ことができないと、視力は発達しません。
異常に気付かず見過ごされると、大きくなってから治療しても十分な視力が得られないことがあります。

屈折視力検査 … お子様の年齢に合わせて、何種類かの検査を行っています。 斜視検査 … 斜視の程度を測定します。

両眼視機能検査 … 両眼で物を見る機能を調べる検査です。 アイパッチ … 弱視眼の視力の発達を促す訓練です。

 両眼の視力が悪い場合は“しぐさ”から気付くこともありますが、片眼だけ視力が悪い場合はなかなか気付くことができません。
弱視治療は早期発見、早期治療が大切です。心配な点があれば、早めに受診することをお勧めします。


 学校での健康診断の結果により眼科受診を勧められたら、眼科でさらに詳しい検査が必要になります。
なかには“異常なし”ということもありますが、視力の程度を知ることはもちろん、重大な眼の病気を発見することにもつながります。
 


1. 近視・遠視・乱視の程度を調べます。
2. 矯正視力が出るか確認します。
3. 調節緊張がないか、他の眼の病気がないか調べます。
4. 必要に応じ、さらに必要な検査をします。

以上の結果より、眼鏡装用や治療の必要性等について説明いたします。
※ 学校からの通知用紙をご持参下さい。結果を記入いたします。


 

医 師 志 和 芳 子
(専門分野:小児眼科 )
国立小児病院(現 国立成育医療センター)や杏林大学付属病院にて、小児の斜視や弱視を専門に外来担当医を務める。
 


診療案内 一覧に戻る 上へ戻る

Copyright (C) SHIWA EYE CLINIC. All rights reserved.